ホーム Tweet

KiCad と Fusion PCB で基板を作った

はじめに

自作 3D プリンタでステッピングモータのドライバにサンケン電気の SLA7078MPRT という IC を使っているのですが,パッケージが ZIP (Zig-zag In-line Package) で,一般的なユニバーサル基板に刺さらないという問題がありました。 足を少しずつ曲げて無理やり挿入することはできるのですが,なんだかなーという感じです。

そんななか,Fusion PCB という基板製造サービスで "$7.9 基板セール" というのをやっていることを知りました。 基板サイズが 100×100 mm 以下で,数量は5枚,基板仕様に制限ありという内容ですが,今回の用途には十分です。 また,配送に OCS (ANA 系列の運送会社) を利用した場合でも送料込み $12.9 と安価だったので,頼んでみることにしました。 (配送に Singapore Post を選択すると送料無料になりますが,15-30 営業日かかるとのこと。)

下の写真が出来上がった基板です。

PCB

基板制作の流れ

基板製作の流れはおおむね以下のようになります。

  1. 回路図 CAD で回路図設計
  2. 回路図 CAD でネットリスト生成
  3. PCB CAD でネットリストを読み込む
  4. PCB CAD で部品配置,配線
  5. PCB CAD でガーバーデータ出力
  6. ガーバーデータを基板製造業者に送る
  7. 基板製造業者が基板を製造する
  8. 完成した基板の配送

今回は上記の 1.~5. の回路図 CAD と PCB CAD として,KiCad を使いました。また,6.,7. の基板製造業者が Fusion PCB で,8. の配送業者が OCS というわけです。

基板発注から到着まで

KiCad の使い方は他に譲るとして,基板発注から到着までの経過を時系列で記録しておきます。

2019-08-06 (火)

まず,PCB CAD からガーバーデータを出力して Fusion PCB のサイトにアップロードします。 ガーバー出力時のオプションやどのデータを送ればよいかなど一瞬迷ったのですが,こちらのページ ( ガーバーファイルを出力する方法) に CAD ごとの詳しい手順が書かれていたのでその通りにしました。

次に,基板の仕様を選択,記入します。$7.9 基板セールの場合,レジストの色くらいしか選べません。今回は一般的な緑を選択しました。 また寸法はガーバーデータに合わせて記入しました。

配送業者は OCS を選択しました。送料が $5 かかりますが,3-5 営業日で届くとのこと。(配送に Singapore Post を選択すると送料無料になりますが,15-30 営業日かかるとのこと。)

支払いはクレジットカードを利用して発注完了です。

2019-08-07 (水)

発注後の処理状況は FusionPCB のサイトで確認することができます。

発注翌日の午前中には「ご注文は確認済み、生産プロセスに入りました。」となりました。

2019-08-12 (月)

基板製造が完了し発送されました。 Tracking Number が表示されるので,以降は OCS のサイトで荷物の状況を確認することができます。

2019-08-14 (水)

未明に日本到着。その日のうちに輸入許可がおり,OCS から佐川急便に引き継がれました。

2019-08-15 (木)

配達完了。発注から 9 日後でした。

個人で PCB を発注するのは初めてだったのですが,トラブルもなく,品質も十分,短期間,安価で満足しています。


Copyright © 2019 Lawn Technology